★勉強会

1週間に1度集まって、MTG・勉強会をやっています(現在は火曜日18:15~)。

メンバーが自分で興味のあるテーマを決め発表して、みんなであれこれ考え話します。

知識を深め、意見交換する場なので、とても大切にしています。

ホームレスだけにとらわれず、あらゆる視点で社会をとらえるようにしています。

 

勉強会のテーマはさまざまです。以下、参考までに。

・「ホームレス」とは何か

・地域研究:山谷、釜ヶ崎、寿町

・社会保障制度(生活保護、雇用保険など)

・メディアから見たホームレス問題

・ホームレス支援制度の国際比較

・貧困と開発について

・社会的企業・ビッグイシュー

・障害者と社会的排除

★ホームレスの人々との交流の場

わらわらが主体となり、「元」ホームレスの方や自立の一歩を踏み出した方々などと学生・社会人との交流の場をつくります。

出会いや交流を通して、ホームレスへのイメージや意識を少しずつ変えていきたいです。


▽ホームレスCafe

 早稲田大学にて開催しました。ホームレスの方をお呼びして、生い立ちや現在の生活につい

 て話していただき、その後お茶やお菓子を囲んで和気藹々とおしゃべりをしました。講演会

 ではなく、フランクな場所だからこそこぼれる質問や本音がたくさん飛び出す場となりまし

 た。


▽わらト~ク

 ホームレスの方とご飯を食べながら、大声で笑いながら気軽に話すイベントです。

 路上生活のきっかけに始まり、普段の生活やつらい経験、さらにはフラン

 スでのサッカー経験など、まさにざっくばらんです。

 素朴な疑問をホームレスの方にぶつけることができます。

 

▽ホームレスBAR

 無職FES代表のいわいさんと協力する形で開催しました。

 BARの店員になったホームレスの方がお客さんを迎えます。ホームレスの方の話を 

 肴にお酒を飲みます。

 参加費はホームレス店員の収入と運営費に充てられます。社会問題にビジネス的手

 法でアプローチするという斬新なイベントです。

 

上記の他にも、面白い企画を思索中です。

イベントをやってみたい、という方も大歓迎です。

★フィールドワーク

山谷・釜ヶ崎・寿町など、「寄せ場」と呼ばれる日雇い労働者の街に実際に行きます。

街の方に話を聴いたり、イベントに参加したりします。


▽釜ヶ崎フィールドワーク

 毎年、大学の長期休暇(夏または冬)に大阪の釜ヶ崎というまちでフィールドワークをして

 います。行政やNPO・医療といった様々な分野で活動する方のお話を聴くことで、多角的に

 ホームレスについて捉え直します。報告書がありますので、詳しくはコチラでどうぞ。


▽山谷フィールドワーク

 東京都にある山谷という街でフィールドワークを行いました。数人のグループに分かれまち

 歩きをした後、山谷で活動するNPOの方のお話を伺いました。


★情報発信

ホームレスという分野について、より多くの人に知ってもらうため、積極的に情報を発信します。

活動報告会やワークショップで、メンバーの学びや経験を伝えます。

また、当ウェブページでも資料やレポートを更新していきます。

その他にも、フリーペーパーや写真集制作もゆくゆくはやりたいです。


▽報告書作成

 フィールドワークで学んだこと、感じたことをまとめて報告書を作成しています。

 現在はこちらのページから閲覧いただけます。

 

▽WAVOCボランティアフェア

 わらわらの会が所属するWAVOC(早稲田大学平山郁夫記念ボランティアセンター)が主催

 する「春のボランティアフェア2014」でプレゼン大会が行われました。「活動を通してみ

 えた社会の課題」をテーマに28プロジェクトがプレゼンを行い、わらわらの会は見事銅賞

 を受賞しました。プレゼンを通して、わらわらの活動を周知する機会するとなりました。


 

更新情報

12/1

活動メンバーを更新!

わらわらの活動を更新!

11/25

Facebook開設!

1/3

活動メンバーを更新!

 

Twitter更新中!

Follow me!!

TWITTER